ホーム » ブログ » 検索エンジンに自動的にPing送信する方法
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2012/09/28
自分のサイトまたは新しい記事を検索エンジンに早くインデックスさせるために、いろいろな方法があります。例え、グーグルウェブマスターで「Fetch as Google」で新記事のURLを取得されるか、サイトマップを送信するか、サイトのオーソリティか、ソーシャルメディアでの共有などの方法があります。ここで自動的に検索エンジンにPing送信するPHPで実現方法です。
あくまでは早めにインデックスさせたいため、実は検索エンジンを早くインデックスするかをだれでも保証できません。
あるSEOerの記事で「30分以内でGoogleにインデックスさせる方法」とか、「5分以内インデックスさせる方法」などの記事が沢山あります。それはただ大衆をあっと言わせてその歓心を買おうとすることだけです。もちろん、本記事の自動的にPingする方法も、あなたの最新記事を検索エンジンに直ちにお知らせる方法の一つです。

それでは、PHPコードを公開します。
(例:GoogleへPing)

まず、google検索エンジンにPing送信の内容を作成する

/**
* $feed_url : RSSのURLなど(例:新記事のURLも)
*/
function google_ping_xml($feed_url) {
	$googleXML = "";
	$googleXML = <<<EOT
	<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<methodCall>
<methodName>weblogUpdates.ping</methodName>
<params>
<param><value>zanmai.net</value></param>
<param><value>http://zanmai.net/</value></param>
<param><value>$feed_url</value></param>
<param><value>http://zanmai.net/blog/sitemap.xml</value></param>
</params>
</methodCall>
EOT;
	return $googleXML;
}

次は検索エンジンにPingする。(Googleの場合、ping受付サーバは http://blogsearch.google.com/ping/RPC2 です)
/**
 * ping to 検索エンジン
 * $ping_to : ping先(検索エンジンPING受付サーバのURL)
 * $xml_str : xmlコンテンツ(例:先ほど生成したgoogleXML)
 */
function google_ping($ping_to , $xml_str) {
    $ch = curl_init();
    $headers = array(
    	"POST " . $ping_to . " HTTP/1.0",  
    		"Content-type: text/xml;charset=\"utf-8\"",  
    		"Accept: text/xml",  
    		"Content-length: ".strlen($xml_str)  
    );
    curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, $ping_to);
    curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER,1);
    curl_setopt($ch, CURLOPT_POST, 1);
    curl_setopt($ch, CURLOPT_HTTPHEADER, $headers);
    curl_setopt($ch, CURLOPT_POSTFIELDS, $xml_str);
    $res = curl_exec ($ch);
    curl_close ($ch);

    return $res;
	}

これで最新記事をGoogle検索エンジンに自動的にPing送信しました。

Ping送信成功したかどうかも確認できます。例えば、上記のPing送信結果$resを確認して、
if (strpos($res, "<boolean>0</boolean>")) 
	echo  'PING成功'; 
else 
	echo  'PING失败';


以上、PHPで検索エンジンに自動的にPing送信方法でした。

生活三昧@zanmai.net メモーを。


♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
0人
このエントリーをはてなブックマークに追加


◎zanmai.netサイト記事の転載・複製(コピー)は、zanmai.netへのリンクであることを明記してください!
◎本記事URL: http://www.zanmai.net/blog/data/84.html

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check