ホーム » ブログ » eclipseでsvnのブランチとマージの手順
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2013/06/24
サイトの大規模デザインを実装する際、ソース管理のほうでよく使われてる開発手法は、SVNサーバでbranchesソースを作成し、この上でページを実装する。実装終わったら、最新のbranchesソースを本体(trunk)ソースにマージ作業も必要と思います。
以下はeclipseツールでbranchesをtrunkにマージする方法です。

基本な思想はローカルで最新の本体ソースと、SVNサーバ上での最新のbranchesソースとmergeする。基本の手法は、最新のbranchesソースを、ローカルの本体(trunk)ソースにマージして、マージした後の本体(trunk)ソースをコミットする。

1、SVNで本体ソース(trunk)をeclipseにcheckoutする。

2、ローカルでの本体(trunk)プロジェクトを右クリック
  ⇒チーム
  ⇒merge








3、eclipseのコンソールでマージの結果ツリーがある。競合のファイルを比較し、最新のソースにする。⇒保存⇒ダイアローグで「競合処理済み」にする

4、以上、開発版のbranchesソースをローカルの本体(trunk)に統合しました。
この統合したtrunkソースをSNVサーバのtrunkソースにコミットしたら、マージ完了します。

♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
3人
このエントリーをはてなブックマークに追加


◎zanmai.netサイト記事の転載・複製(コピー)は、zanmai.netへのリンクであることを明記してください!
◎本記事URL: http://www.zanmai.net/blog/data/131.html

aaad 様
コメント@2016年03月31日
Gravatar-グローバルに認識されるアバター_zanmai.net
助かりました。ありがとう。

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check