ホーム » ブログ » Struts2開発でのセッションについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2014/04/08
セッションを操作できる方法はいくつかがあるけど、僕の実際の開発現場では、「SessionAwareを実装」というやり方です。
ほかには、ScopedModelDrivenを使うや、ScopeInterceptorを使うとActionContext.getContext().getSession()を使うなどがあります。開発ニーズによって変わると思う。

早速ですが、struts2でセッションを操作でき、一番簡単な「「SessionAwareを実装」を解説します。


public class BaseAction extends ActionSupport implements SessionAware {
	private Map session;
	
	@Override
	public void setSession(Map session) {
		this.session = session;
	}
}

こうすると、あなたのActionクラスはBaseActionを継承したら、セッションの操作が簡単できる。

例:
public class SessionTestAction extends BaseAction {

	@Action("sessionPut")
		public String sample() throws Exception {
			session.put("sampleKey","sampleValue");

			return "success";
		}

		@Action("sessionModify")
		public String modify() throws Exception {
			session.put("sampleKey","modify");

			return "success";
		}

		@Action("sessionRemove")
		public String remove() throws Exception {
			session.remove("sampleKey");

			return "success";
		}
}


♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
1人
このエントリーをはてなブックマークに追加


◎zanmai.netサイト記事の転載・複製(コピー)は、zanmai.netへのリンクであることを明記してください!
◎本記事URL: http://www.zanmai.net/blog/data/185.html

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check