ホーム » ブログ » struts2開発でJSPページの送信サイズが超える問題への対策
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2014/04/25
struts2で開発中に、JSPページのサイズが大きいすぎ(4.5M)、ページをコミットすると、エラーが発生してしまった。
インタネットで調べたところ、strutsやTomcatなどでページの最大サイズが制限することがあるらしい。そこの制限サイズを増やせば簡単に解決できるけど、僕の場合、すでに公開中のシステムなので制限サイズの修正は事実上に不可能です。
結構悩んだ。
ところが、JSPページ中でhidden要素のサイズは大半占めており、ページのサイズを膨大となってしまったことがわかりました。実は極一部のhidden要素のみを使っており、だいぶのhidden要素が使っていませんが、jspページをサブミットする際に、これらの要らないhidden要素も一緒にサブミットしてしまった。
それが原因だ!

それを究明し、解決方法も簡単です。

JSPページをサブミットする前に、js側でこれらの要らないhidden要素を削除してから、サブミットする

僕の例:
$(function() {
	/***************************************************************************
	 * ページをサブミット
	 **************************************************************************/
	$("#myNodeId").bind("click",function() {
		// 無駄な要素を削除(削除しないと、制限サイズを超えてしまうから)
		$("input[name^='hiddenItems']").remove();
		// サブミットを実行
		execute('myForm', 'MyAction!apply');
	});
}

これで解決した。



♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
1人
このエントリーをはてなブックマークに追加


◎zanmai.netサイト記事の転載・複製(コピー)は、zanmai.netへのリンクであることを明記してください!
◎本記事URL: http://www.zanmai.net/blog/data/190.html

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check