ホーム » ブログ » javascriptで二重送信や多重送信を禁止
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2013/01/07
本日作業でフォームの二重送信・多重送信防ぐ機能を作りました。2重送信でデータの不整合が発生しまうので、データ収集機関や金融機関などの分野でかなりの問題が出るかもしれない。早速ですが、僕は書いた2重送信を防ぐjavascriptコードです。
※フロントページで2重送信を完全に防ぐことが難しいですが、ある程度で2重送信をならないようにする。安全のため、サーバ側でもう一回整合性をチャックしましょう。
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
<title>タオバオ二重送信・多重送信防ぐサンプル</title>
<script type="text/javascript">
<!--
_submitFlg = false;//コミットイベントが無い状態
function submitTest(){
 //二重送信・多重送信であれば、リターンする
 if(_submitFlg) return;
 try{
  var formObj = document.getElementById('thisFormId');
  formObj.submitButton.disabled = true;//送信ボタンを非活性にする
  formObj.submit();
 }
 catch(e){
  alert(e );
 }
 finally {
  _submitFlg = true;//コミットがあり状態にセット
 }
}

//-->
</script>
</head>
<body>
<form id="thisFormId" name="thisFormName" action="http://www.baido.jp">
<input type="button" value="送信" name="submitButton" onclick="submitTest()" />
</form>
</body>
</html>
●多重送信のイメージ

●多重送信阻止したのイメージ




♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
0人
このエントリーをはてなブックマークに追加


◎zanmai.netサイト記事の転載・複製(コピー)は、zanmai.netへのリンクであることを明記してください!
◎本記事URL: http://www.zanmai.net/blog/data/106.html

三昧生活 様
コメント@2014年05月28日
Gravatar-グローバルに認識されるアバター_zanmai.net
strutsなどのframeworkを使って開発の場合、<s:token />タグでも2重送信チェックもできる。

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check