ホーム » ブログ » SE基本知識:悲観ロックと楽観ロック
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2014/12/20
情報更新の際に、同じデータを同時に複数の処理から更新を防がなければいけない。つまり、データの排他チェックが必要となる。
ここでデータのロックで、楽観ロックと悲観ロックがあります。
まずは、悲観ロック。簡単にいますと、悲観ロックはデータ更新する前に、select対象データにロックをかける。その他の処理・ユーザは当該データの参照・更新などは一切にできません。
次は、楽観ロック。つまり、データにロックをかけません。Selectなどは正常にできるけど、最終的にDBに更新する際に、エラーさせる。
上記、2つのリック方法は一長一短です。
悲観ロックはデータの整合性を維持できる一方、デットロックに発生しやすい。
楽観ロックはデットロック発生しないけど、複数の処理で同じデータ操作ができるため、データの衝突が発生しやすい。
以上、SE基本知識:悲観ロックと楽観ロックでした。

♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
0人
このエントリーをはてなブックマークに追加


◎zanmai.netサイト記事の転載・複製(コピー)は、zanmai.netへのリンクであることを明記してください!
◎本記事URL: http://www.zanmai.net/blog/data/223.html

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check