ホーム » ブログ » サイトに無料SSLサーバ証明書「Let's Encrypt」の導入
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2017/04/21

スポンサーリンク
本記事では、さくらレンタルサーバで無料発行できるLet's EncryptのSSLサーバ証明書の導入により、サイトをhttps化する方法が公開します。

グーグルはhttps対応しているかは、サイトの検索結果が上位に表示ための1つの要因となっています。
ビジネスまたは法人サイトの大半は既にhttps暗号化対応している、一方、個人サイトのhttps対応は未だ少ないと思います。
なぜなら、SSLサーバー証明書の導入はコストかかるから。ベリサインみたいのSSLサーバー証明書の年間更新費用は10万近く、個人サイトとしては大きいコストですね。
ラッキーなのは、世の中で無料なSSL証明書があります!それは【let's encrypt】です。

下記の手順を見ながら、あなたのサイトにもhttps対応していきましょう。

1、let's encryptサーバー証明書の申込。
  SSLサーバ証明書が無料発行できるサイトnetowlで新規会員登録してください。
  https://secure.netowl.jp/netowl/

2、netowlにログインし、メニュー「SSLボックス管理」を開いて、「新規取得」を開く。
  

3、SSL証明書設定するサーバ画面で、今回さくらレンタルサーバ利用なので、「そのたサーバーを利用」を押下


4、新規取得画面で、SSL種別を「let's Encrypt」を選んで、そのた情報も適当に記入し、「所有者確認手続きへ進む」ボタンを押下


5、web認証画面で、トークインファイルをダウンロードして、あなたのサーバにファイルアップロードしてください。
  【注意】指定した認証URL通りにファイルアップロードしてください。一回失敗したら、オークインファイルの再作成が必要なので、手間がかかってしまう。


6、上記の所有者確認の認証が完了したら、完了画面が表示され、「証明書を発行する」ボタンで発行へ。


7、発行画面で、秘密キーCSRファイル、中間証明書ファイル、SSL証明書をローカルにダウンロードして、大事に保管してください。

以上で、SSLサーバ証明書の発行が完了しました。しかも無料です!!

それから、さくらレンタルサーバであなたのサイトにSSL証明書を導入しましょう。

8、さくらレンタルサーバにログインし、「ドメイン設定」画面を開いて、SSL実装したいドメインにて、SSL証明書「登録」をクリックしたら、秘密鍵アップロード画面が出ます。
  ※秘密鍵が既に持っているので、秘密鍵アップロードを利用で、上記7で発行した秘密鍵CSRファイルをアップロードしてください。



9、上記7で作成したSSL証明書を貼り付けて「送信」


10、SSL証明書送信完了画面で、中間証明書のリンクを押下、中間証明書画面で上記7で作成した中間証明書を貼り付けて「送信」


11、以上、あなたのドメインにSSL証明書の導入準備が完了しました。最後12番を参考へ。

12、最後、あなたのサイトにSSL証明書を公開。
  「ドメイン一覧」⇒「変更」の順に画面開く、「4.SSLの利用をお選びください」で「SNI SSLを利用」をチェック、「送信」


13、全て完了。

以上、無料SSLサーバ証明書の発行、及びドメインにhttps対応が完了しました。httpsであなたのサイトにアクセスしてみて、chromeブラウザの場合、アドレスの頭に緑の文字「保護された通信」が見えますね。
例として、僕のサイトにぜひ見てください。https://zutsu.guider.jp


WEBエンジニアを募集しています!。


♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
0人
このエントリーをはてなブックマークに追加


★ 当記事を閲覧の方は下記の【関連記事】も閲覧していました。

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check