ホーム » ブログ » javascriptで今日から何日後の日付と曜日を簡単に取れる方法
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2013/07/08

スポンサーリンク
開発中でよくある作業だと思います。ここでメモします。

例としては、本日(2013年07月08日)から99日後の日付と曜日を計算する。
下記のjavascriptコードが算出できます。
 var wNames = ['日', '月', '火', '水', '木', '金', '土'];
var nowDate = new Date();
//本日から i 日後のDate
var i=99; // 例
var futureDate = new Date(nowDate.getTime() + i*24*60*60*1000);

var txt = "" + futureDate.getFullYear() + "年" + (futureDate.getMonth()+1) + "月" + futureDate.getDate() + "日(" + wNames[futureDate.getDay()] + ")";

結果は: 2013年10月15日(火)

以上、メモを。

@三昧生活

♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
2人
このエントリーをはてなブックマークに追加


★ 当記事を閲覧の方は下記の【関連記事】も閲覧していました。

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check