ホーム » ブログ » CakePhpでのフラッシュメッセージ表示問題2
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2017/03/23

スポンサーリンク
前の文章で「CakePhpでのフラッシュメッセージ表示問題」の解決方法を掲載しました。
簡単に言うと、Cakephp2.7以後に非推奨となり、CakePHP3.0から削除する予定のFlash表示方法の

×$this->Session->SetFlash(‘メッセージ’) 
→ 
○$this->Flash->set(’メッセージ’)
で問題解決のキモです。

なお、上記の通りにソースコードを書き換えたら、下記のようなコメントコードを出るかもしれない。
対策はflash.ctpやsuccess.ctpなどのファイルで、シグネチャメッセージを削除する。


/**
* CakePHP(tm) : Rapid Development Framework (http://cakephp.org)
* Copyright (c) Cake Software Foundation, Inc. (http://cakefoundation.org)
*
* Licensed under The MIT License
* For full copyright and license information, please see the LICENSE.txt
* Redistributions of files must retain the above copyright notice.
*
* @copyright     Copyright (c) Cake Software Foundation, Inc. (http://cakefoundation.org)
* @link          http://cakephp.org CakePHP(tm) Project
* @package       app.View.Emails.html
* @since         CakePHP(tm) v 0.10.0.1076
* @license       http://www.opensource.org/licenses/mit-license.php MIT License
*/

<div id="<?php echo $key; ?>Message" class="<?php echo !empty($params['class']) ? $params['class'] :'message'; ?>"><?php echo $message; ?></div>
上記、太字をコメントなので、全部削除してください。

そうすると、Flashメッセージは綺麗に表示するはず。

【DEMO】

皆の出欠席手帳

♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
1人
このエントリーをはてなブックマークに追加


★ 当記事を閲覧の方は下記の【関連記事】も閲覧していました。

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check