ホーム » ブログ » Oracleでテーブルのレコードをコピーして挿入する方法
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2016/08/15

スポンサーリンク
同じテーブル中でレコードをコピーし、プライマリキーのみ変更する場面がありますね。
この時、このようなSQL文でレコードをコピーできます。

INSERT INTO tableName 
	select '変更するカラム値', column2, column3, column4, column5, … ,columnN from tableName where pk='コピー元PK'
SQL文を見れば、難しくないですが、テーブルのカラムが多い場合、例えて数百カラムのテーブルの場合、SQL文が膨大になってしまい、
手書きがすごく時間がかかるかもしれない。この場合、

--テーブルのカラムをリスト
DESC tableName
簡単にカラムをリストできる。
後は秀丸などのエディターで「,」カンマを入れてSQLを作成する。

もちろん、もっと簡単な方法があるかもしれませんが、SQL文を深堀したくないので、今後また使うかもしれないため、、ここでメモを。


♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
0人
このエントリーをはてなブックマークに追加


★ 当記事を閲覧の方は下記の【関連記事】も閲覧していました。

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check