ホーム » ブログ » スマートフォン性能比較
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2012/06/27
『Galaxy S』VS『iPhone 4』どちらが高性能!?
皆様も気になっているであろう、サムスン製スマートフォン「Galaxy S(ギャラクシー S)」と「iPhone 4」比較してみます。今回の比較内容は性能(スペック)を重点的に置き、使いやすさやデザインなどは対象外です。どちらがあなたにとって良いのかについては、保障できませんので予めご了承願います。
まずは、対戦する両方のスマートフォン性能を見てみましょう。

<スマートフォン『Galaxy S』性能>

・ メーカー : サムスン電子(SAMSUNG)
・ OS : Android 2.1(エクレア)
  (日本:Android 2.2)
・ ディスプレイ : 4型WVGA(480x800px解像度)スーパー有機EL
・ ディスプレイ機能:マルチタッチパネル搭載
・ CPU : Samsung S5PC110 Cortex-A8 1GHz with 512KB L2 cache
・ GPU : PowerVR SGX 540
・ カメラ性能 : 500万画素 5メガピクセル AF
・ バッテリー : Li-pol, 1,500mAh、最長持続769分
・ データ保存用メモリ : 16GB Flash、 32GB Flash
・ 本体サイズ : 122.4 x 64.2 x 9.9 mm (119g)
・ 標準アプリ : Android Samsung UI

<スマートフォン『iPhone 4』性能>

・ メーカー : アップル社(APPLE)
・ OS : iOS 4.1
・ ディスプレイ : 3.5型 640x960px解像度 IPS液晶
・ ディスプレイ機能:マルチタッチパネル搭載
・ CPU : Cortex A8アーキテクチャ Apple A4 1GHz
・ GPU : PowerVR SGX 535
・ カメラ性能 : 500万画素 5メガピクセル AF, ホワイトバランス
・ バッテリー : Li-pol, 1,420mAh、最長持続300分
・ データ保存用メモリ : 16GB Flash、 32GB Flash
・ 本体サイズ : 115.2 × 58.6 × 9.3 mm (137g)
「性能表だけを見ても分からないよ!」という方に、以下より解説を含めて比較を行っていきます。

「メーカー」です。
サムスン電子VSアップル社となりました。どちらも信頼性の高い大企業ですね。サムスン電子は韓国に本拠地があり、アップル社は米国に本拠地があります。日本では韓国製というとあまり良いイメージが無いかもしれませんが、サムスン電子は世界が認める品質を世に送り出している企業です。抵抗を持たなくてもよいかと思います。一方、アップル社もMacOSXやiPodで有名な大企業です。革命を起こし続けており最大の信頼や品質を誇ります。

続いて「OS」です。
『Galaxy S』に搭載するOSは「Android 2.1」です。使い方やコンテンツが依存するのはコレでしょう。性能としてみると汎用性を重視して作られたOSでは、やはり「アップル製品のために開発されたOS」に負けるところがあります。しかし、今後の進化に期待することが一番幸せだと思います(汗)
※ 日本はAndroid 2.2を搭載しています。

続いて「ディスプレイ」です。
画面の大きさを見ると『Galaxy S』は4.0型で『iPhone 4』は3.5型と、若干『Galaxy S』が勝利しました。しかし、解像度(表示の細かさ)を見ると「480x800px」VS「640x960px」と『iPhone 4』が勝利しました。細かい字を見るのが嫌な方は前者、多少の犠牲でも沢山の情報を一度に見たいという方は後者を選ぶと良いです。

続いて「CPU」です。
中央処理装置。高性能である必要性は、ストレス無くスムーズに動作するかどうかや処理に時間が取られないかなどがあります。
『Galaxy S』に搭載するCPUは「自社サムスン製の1GHz CPU」です。一方『iPhone 4』には「Apple A4 1GHz」が載っています。
周波数で見るとどちらも「1Ghz」で同じです。また「Apple A4 1GHz」の開発にもサムスンが関連しているので、もしかするとほぼ同じではないのかと噂されています。

続いて「GPU」です。
GPUはグラフィックス専門処理装置で、性能の面で『Galaxy S』が勝てる要素です。モバイル系GPUで有名な「PowerVR」は高度な3Dゲームを動かすことができるほか動画の処理を助けたりできます。そのシリーズで『Galaxy S』は「SGX 540」を搭載し、『iPhone 4』は「SGX 535」を搭載します。
<『Galaxy S』PowerVR SGX 540>

・ 対応API:OpenGL ES 2.0 / DirectX9,10,11
・ 描画性能:350万ポリゴン/秒
・ XBOX、PS2以上の性能を誇る。表現は擬似的にPS3画質にできる。
<『iPhone 4』PowerVR SGX 535>

・ 対応API:OpenGL ES 2.0 / DirectX9,10,11
・ 描画性能:280万ポリゴン/秒
・ XBOX、PS2並の性能を誇る。表現は擬似的にPS3画質にできる。
ただ、現状のOS「Android 2.1」では、GPUの性能を最大限に引き出せないのが致命的です。これも今後の進化に期待したいと思います(笑)
追記:日本はAndroid 2.2を標準装備しているためFlashなどのGPU支援が受けられるメリットがあります。ゲームについてもGalaxy Sに特化したゲームであれば最大限の性能を出せるのではないかと思います。

続いて「バッテリー」です。
使い方によると思われるが、最大持ち時間からすると『Galaxy S』が圧勝です。長持ちするというレビューも多く、Galaxy Sの一番の強みなのではないでしょうか。

続いて「データ保存用メモリ」です。
両者とも16GBや32GBが主流でありますが、MicroSDである『Galaxy S』の方が取替えが可能な分、便利です。

続いて「本体サイズ」です。
『Galaxy S』の方が一回り大きいが、若干軽いです。一方『iPhone 4』は一回り小さい分、少し重たいという結果になりました。
要するに『iPhone 4』は詰め込んでるという結果に(笑)

性能のみで比較してみましたが、どれを購入するかはあなた次第です。スマートフォンをどのように使うのかによって、選ぶと良いでしょう!

結論、現状勝利は《iPhone 4》でしょう。ハードウェア自体の性能は『Galaxy S』の方が高いですが、汎用性重視のOSなため最大限に性能を引き出すことができず。といったところでしょうか。『Galaxy S』の勝利は今後のOSバージョンアップ次第かなと思っております。

ちなみに、そもそもNTTドコモから発売されるのでしょうか・・・。
追記:発売されたものは「Android 2.2」ですね。容易にOSバージョンアップができるらしいので、今後にかなり期待できるのではないかと思います。ハードウェアはiPhone 4に勝っているので、そのうち上回るのではないかと予想しています。

♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
0人
このエントリーをはてなブックマークに追加


◎zanmai.netサイト記事の転載・複製(コピー)は、zanmai.netへのリンクであることを明記してください!
◎本記事URL: http://www.zanmai.net/blog/data/51.html

コメント@2012年12月08日
Gravatar-グローバルに認識されるアバター_zanmai.net
iphone5が欲しい~~~
コメント@2012年09月11日
Gravatar-グローバルに認識されるアバター_zanmai.net
スパムをやめてください。

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check