ホーム » ブログ » サーバの間ファイル転送する際にセキュリティ問題
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2014/12/11
サーバの間、また違う部門の間にデータ共有・転送するとき、特に個人情報や講座コードを含んでるデータの取り扱い場合、セキュリティ考慮しなければいけない。
ここは個人から考えてきた案を掲載します。
セキュリテイレベル1(低い):渡し電子ファイルにパスワードをかかる。
これである程度のセキュリティの確保できるけど、やはり低いレベル・・・・・

セキュリティレベル2(中):パスワードを設定した上で、個人を確定できる情報を1つのファイルに含まないこと。(送付先は最後で複数のファイルを1つにマージする)
これは仕事中によく使われてる対策です。たとえば、管理部の方は社員のアカウントを作成し、当該社員に連絡するとき、IDとパスワードを2つのメールをわけて連絡する。(パスワードを別途にて連絡・・・)

セキュリティ3(高い):コンテンツの暗号化すること。対策1、2と同時に施策したら、更にセキュリティが高めると思う。

以上、メモを。

♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
0人
このエントリーをはてなブックマークに追加


◎zanmai.netサイト記事の転載・複製(コピー)は、zanmai.netへのリンクであることを明記してください!
◎本記事URL: http://www.zanmai.net/blog/data/222.html

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check