ホーム » ブログ » Play開発者サービスインストールにてのバグ
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2013/12/27
この間アンドロイド版スマホアプリ開発で、Google Play serviceというアプリを利用しプッシュ通知をGCMサーバ経由して配信する機能を作りました。リリース前の実機テスト段階で「Play開発者サービスインストールのバグ」が見つかりました。
androidOSのバグだと思われるので、ここで解決方法がなくて、バグを示すだけです。

アプリにプッシュ通知機能が入れたから、アプリ立ち上がり際に、[Play開発者サービスの入手]を求められる。(push通知だけではなく、google+やYoutubeなどアプリにも[Play開発者サービスの入手]を求められる)。
ここで【GALAXY SIII Progre SCL21】端末でグーグル自社開発した【google+】アプリを例としてバグを説明します。


1、アプリgoogle+アイコンをタップし、立ち上げってください。
  端末でGoogle Play Serviceがないから、「Play開発者サービスの入手」を求められるはず(図-1)


2、「Play開発者サービスの入手」をインストールに入ってください。
  ここでログイン画面があり、以前ログイン履歴があったから、gmailアカウントが自動入力させ(userA)、パスワードだけを求められてる。(図-2)
  ⇒自動的に入力されたGmailアカウントを利用しない、「戻る」ボタンを押して、別のアカウントでログインしてください。


3、「アカウント追加」を押して、別のアカウント(userB)ログインへ(図3)


4、userBでログインしてください。(図4)


5、userBでログインしたら、図ー5のplay store画面が表示させて、アプリダウンロードがありません、ただplay store画面です。


6、【ホーム】ボタンを押したら、ホーム画面に戻る(図ー6)


7、もう一回【google+】アイコンを押したら、再度図ー5の画面に入って、「play開発者サービスインストール」ダウンロードもありません、ただplay storeの画面、利用者は何をダウンロードするかを全くわかりません。ホームに戻って再度【google+】を押したら、またplay store画面に入ってしまい、つまり上記5⇒6⇒7⇒5⇒6⇒7のように、アプリがずっと利用できないといるバグです。


※一部の機種には、上記のstep5で【ホーム】ボタンを押して、もう一回「google+」アプリを立ち上がったら、「Play開発者サービスの入手」を再度お求められ、すでにアカウントログイン中のため、play store画面に入って「play開発者サービス」ダウンロードできると思います。プッシュ通知アプリを立ち上げるとき、一部の端末は[Play開発者サービスの入手]を求められ、インストールしようとしたら、グーグルアカウントログイン画面でユーザを切り替わると、ログインしたら、インストール画面に行かなくて、ただplay store画面に入ってしまい、ホームに戻って、再度アプリを押さなければいけない。

♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
0人
このエントリーをはてなブックマークに追加


◎zanmai.netサイト記事の転載・複製(コピー)は、zanmai.netへのリンクであることを明記してください!
◎本記事URL: http://www.zanmai.net/blog/data/170.html

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check