ホーム » ブログ » cssで要素のサイズを拡大・縮小する
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2013/07/05
CSSでtransform:scale()を使って要素を拡大・縮小表示することができます。
※対象はブロックレベル要素とインライン要素です。
以下の使い方があります。
transform:scale() …… 要素を拡大・縮小表示する
transform:scaleX()
transform:scaleY()
transform:scaleZ()
transform:scale3d()

上記、それそれの意味は下記の通りです。
scale(数値, 数値)
scale()関数では、2つの数値で2D縮尺比率を指定します。 1つ目の数値はX方向、2つ目の数値はY方向の比率です。 2つ目の数値は省略することができますが、この場合には最初の値と同じになります。[sx,sy]
scaleX(数値)
scaleX()関数では、X方向の縮尺比率を指定します。Y方向とZ方向の比率は1となります。[sx,1,1]

scaleY(数値)
scaleY()関数では、Y方向の縮尺比率を指定します。X方向とZ方向の比率は1となります。[1,sy,1]

scaleZ(数値)
scaleZ()関数では、Z方向の縮尺比率を指定します。X方向とY方向の比率は1となります。[1,1,sz]

scale3d(数値, 数値, 数値)
scale3d()関数では、3つの数値で3D縮尺比率を指定します。 1つ目の数値はX方向、2つ目の数値はY方向、3つ目の数値はZ方向の比率です。[sx,sy,sz]

使用例:
zoom-in-out {
	-webkit-transform: scale(0.5);
	-moz-transform: scale(0.5);
	-ms-transform: scale(0.5);
	-o-transform: scale(0.5);
	transform: scale(0.5);
}
⇒要素のサイトを50%に縮小するとの意味です。

以上、メモを。


♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
0人
このエントリーをはてなブックマークに追加


◎zanmai.netサイト記事の転載・複製(コピー)は、zanmai.netへのリンクであることを明記してください!
◎本記事URL: http://www.zanmai.net/blog/data/138.html

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check