ホーム » ブログ » HTTPステータスコード一覧(3xx、4xxと5xx)
このエントリーをはてなブックマークに追加
@2013/04/22
HTTPステータス・コードの一覧をまとめました。
それでは、1xxコード・2xxコード・3xxコード・4xxコード・5xxをそれぞれ説明します。


1xxコードとその意味 : 1xxはInfomationalの状態と示します。すなわち、リクエストを受け取って処理しています。
100 : Continue (継続)
  ⇒クライアントが要求を継続できることを示します。

101 : Switching Protocols (プロトコルを切り替え)
  ⇒プロトコル バージョンまたはプロトコルが変更されていることを示します。

2xxコードとその意味 : 2xxはSuccessfulの状態と示します。すなわち、リクエストした動作を正しく理解し、承認されました。
200 : OK (OK です )
  ⇒要求が成功し、要求された情報が応答で返されたことを示します。これは受信される最も一般的なステータス コードです。

201 : Created (作成されました )
  ⇒応答が送信される前に、要求によって新しいリソースが作成されたことを示します。

202 : Accepted (受理されました)
  ⇒要求が追加の処理のために受け入れられたことを示します。

203 : Non-Authoritative Information (不当な情報)
  ⇒返されたメタ情報が、元のサーバではなくキャッシュされたコピーから取得されたもので、正しくない可能性があることを示します。

204 : No Content (コンテンツがありません)
  ⇒要求が正常に処理され、応答が意図的に空白になっていることを示します。

205 : Reset Content (コンテンツをリセット)
  ⇒クライアントが現在のリソースを再び読み込むのではなく、リセットする必要があることを示します。

206 : Partial Content (コンテンツの一部分)
  ⇒応答が GET 要求によって要求された応答の一部であることを示します。これにはバイト範囲が含まれます。

3xxコードとその意味 : 3xxはRedirectionの状態と示します。すなわち、リクエストを完了するにはさらなる操作が必要です。
300 : Multiple Choices (複数の選択肢があります)
  ⇒要求された情報に複数の表現があることを示します。既定のアクションでは、このステータスをリダイレクトとして扱い、この応答と関連付けられた Location ヘッダの内容に従います。

301 : MovedPermanently (恒久的に移動しました)
  ⇒要求された情報が Location ヘッダで指定される URI に移動したことを示します。このステータスを受信したときの既定のアクションは、応答に関連付けられている Location ヘッダの追跡です。元の要求メソッドが POST の場合、リダイレクトされた要求は GET メソッドを使用します。

302 : Found (見つかりました)
  ⇒要求された情報が Location ヘッダで指定される URI にあることを示します。このステータスを受信したときの既定のアクションは、応答に関連付けられている Location ヘッダの追跡です。元の要求メソッドが POST の場合、リダイレクトされた要求は GET メソッドを使用します。

303 : See Other (ほかを参照してください)
  ⇒POST の結果として、Location ヘッダで指定された URI にクライアントを自動的にリダイレクトします。Location ヘッダで指定されるリソースへの要求は、GET で行います。

304 : Not Modified (変更されていません)
  ⇒クライアントのキャッシュされたコピーが最新のものであることを示します。リソースの内容は転送されません。

305 : Use Proxy (プロキシを使用します)
  ⇒要求が Location ヘッダで指定される URI でプロキシ サーバを使用する必要があることを示します。

306 : Unused (作成中の HTTP/1.1 仕様の拡張案です)
  ⇒作成中の HTTP/1.1 仕様の拡張案です。

307 : 要求された情報が Location ヘッダで指定される URI にあることを示します。このステータスを受信したときの既定のアクションは、応答に関連付けられている Location ヘッダの追跡です。元の要求メソッドが POST の場合、リダイレクトされた要求も POST メソッドを使用しますす。

4xxコードとその意味 : 4xxはClient Errorの状態と示します。すなわち、リクエストの構文に誤りが存在するか、サーバが受け取ることはできません。
400 : Bad Request (無効な要求です)
  ⇒・サーバが要求を理解できないことを示します。 BadRequest は、他のエラーが適用されない場合や、正確なエラーを確認できないか、独自のエラー コードがない場合に送信されます。

401 : Unauthorized (未許可)
  ⇒要求されたリソースが認証を要求することを示します。WWW-Authenticate ヘッダには、認証を実行する方法の詳細が格納されます。

402 : Payment Required (支払いが必要)
  ⇒現在は HTTP プロトコルに実装されていません。今後の使用のために予約されています。

403 : Forbidden (禁止されています)
  ⇒サーバが要求の実行を拒否していることを示します。

404 : Not Found (見つかりません)
  ⇒要求された URI (Uniform Resource Identifier) に一致するものをサーバ上で見つけることができませんでした。特にあるURLをアクセスするとき、サーバ上で当該ファイルまたソースを別のところに移動された場合、この404エラーコード出ます。すなわち、要求されたリソースがサーバに存在していないことを示します。

405 : Method Not Allowed (メソッドは許可されていません)
  ⇒要求メソッド (POST または GET) が要求リソースで許可されていないことを示します。

406 : Not Acceptable (受け付けられません)
  ⇒クライアントが Accept ヘッダでリソースの利用可能な任意の表現を受け入れないことを指定していることを示します。

407 : Proxy Authentication Required (プロキシによる認証が必要)
  ⇒要求されたプロキシが認証を要求することを示します。Proxy-authenticate ヘッダには、認証を実行する方法の詳細が格納されます。

408 : Request Timeout (要求はタイムアウトしました)
  ⇒サーバが要求を予期している時間内にクライアントが要求を送信しなかったことを示します。

409 : Request Timeout (競合)
  ⇒リソースの現在の状態と矛盾するため、要求は完了できませんでした。詳しい情報を再度送信する必要があります。

410 : Gone (移動しました)
  ⇒要求されたリソースが利用できないことを示します。

411 : Gone (長さが必要です)
  ⇒内容の長さが定義されていない要求の受け入れをサーバが拒否しました。必要な Content-length ヘッダがないことを示します。

412 :  Precondition Failed  (前提条件を満たしていません)
  ⇒要求の 1 つ以上のヘッダ フィールドにある事前条件がサーバでテストされ、不正と判定されました。この要求で設定された条件が満たされず、要求を実行できないことを示します。条件は、If-Match、If-None-Match、If-Unmodified-Since などの条件要求ヘッダで設定します。

413 :  Request Entity Too Large  (要求されたエンティティが大きすぎます)
  ⇒要求のエンティティがサーバで処理しようとしている数または処理可能な数より大きいため、要求の処理はサーバで拒否されました。

414 :  Request-Uri Too Long  (要求された URI が長すぎます)
  ⇒要求の URI (Uniform Resource Identifier) がサーバで解釈する長さより長いため、要求の処理はサーバで拒否されました。

415 :  Unsupported Media Type  (サポートされていないメディアの種類です)
  ⇒要求されたリソースでは、要求のエンティティの形式が、要求されたメソッドに対してサポートされていません。このため、要求の処理はサーバで拒否されました。

416 :  Requested Range Not Satisfiable  (要求された範囲内にありません)
  ⇒リソースから要求されたデータの範囲を返すことができないことを示します。その原因は、範囲の先頭がリソースの先頭より前であるか、範囲の末尾がリソースの末尾より後ろであるかのいずれかです。

417 :  Expectation Failed  (要求どおりの処理が不可能です)
  ⇒サーバが Expect ヘッダで指定された要求を満たすことができないことを示します。

5xxコードとその意味 : 5xxはServer Errorの状態と示します。すなわち、サーバはリクエストを受け取りましたが、処理できません。他のサーバで処理できる可能性があります。
500 :   Internal Server Error   (サーバの内部エラーです)
  ⇒サーバで一般的なエラーが発生したことを示します。

501 :   Not Implemented   (実装されていません)
  ⇒要求の処理に必要な機能をサーバがサポートしていません。

502 :   Bad Gateway   (無効なゲートウェイです)
  ⇒ゲートウェイまたはプロキシとして動作しているサーバが、要求を処理するためにアクセスしたアップストリーム サーバから不正な応答を受け取りました。中間プロキシ サーバが別のプロキシまたは元のサーバから無効な応答を受け取ったことを示します。

503 :   Service Unavailable   (サービスは利用できません)
  ⇒高い負荷または保守のため、サーバを一時的に利用できないことを示します。

504 :   Gateway Timeout   (ゲートウェイはタイムアウトしました)
  ⇒中間プロキシ サーバが別のプロキシまたは元のサーバからの応答を待機している間にタイムアウトしたことを示します。

505 :   Http Version Not Supported   (サポートされていない HTTP のバージョンです)
  ⇒要求された HTTP バージョンがサーバでサポートされていないことを示します。


※以前の記事でありFTPエラーコード一覧のリンクもここで張り付ける。


♪ 当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。
0人
このエントリーをはてなブックマークに追加


◎zanmai.netサイト記事の転載・複製(コピー)は、zanmai.netへのリンクであることを明記してください!
◎本記事URL: http://www.zanmai.net/blog/data/125.html

お名前:

 

EMAIL:

 

URL:

 

認証コード:

zanmai.net-safecode

 


※会員の方は認証コードを要らないから、新規登録をオススメ!

アーカイブ @zanmai.net
check